タマネギの持つ健康効果

タマネギの持つ美容効果

タマネギに含まれる栄養成分

タマネギには血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています。

 

その成分こそが切ると涙を出させる効果のある硫化アリルという辛み成分です。

 

その他様々な健康に有効な成分も含まれています。

タマネギに含まれている成分(100g当たり)

成分

含有量

ビタミンB1 0.04mg 
ビタミンB2 0.01mg 
ナイアシン 0.1mg 
ビタミンB6 0.16mg 
葉酸 16μg 
パントテン酸 0.19mg 
ビオチン 0.8μg 
ビタミンC 8mg 
ビタミンE 0.11mg 
ナトリウム 2.8mg 
カリウム 150mg 
カルシウム 20.9mg 
マグネシウム 9.04mg 
リン 32.77mg 
0.2mg 
亜鉛 0.2mg 
0.04mg 
マンガン 0.2mg 
ヨウ素 1μg 
セレン 1μg 
モリブデン 1μg 
食物繊維 1.5g 

 

その他の栄養成分

成分名

効果・効能

アリシン

辛み成分です。
胃粘膜に作用して胃液の分泌を促す効果や、動脈硬化予防、血液サラサラ効果、疲労改善効果などがあるとされています。

硫化プロピル

同じく辛み成分です。
血液中の糖代謝を助ける効果があることから、血糖値の上昇を防ぐという効果があります。

 

その他、中性脂肪や高コレステロールにも効果を発揮します。

ケルセチン

実の部分にも含まれていますが、茶色い皮の部分に身の20倍ものケルセチンが含有されています。
血液サラサラ効果や脂質代謝を促すという効果があります。

タマネギってそもそもどんなもの?

タマネギってそもそもどんなもの?

どのご家庭でも常備野菜としてストックされることの多いタマネギ。

 

その歴史は古く、食用として食べられ始めたのは紀元前3千年とも言われています。

 

そしてあのピラミッドの建設中、労働者の疲労回復やパワーの源としても重宝された食材の一つとして挙げられるのが「タマネギ」なのです。

 

野菜の中でも使い勝手が良く、価格も年間通して安定していることから使いやすい野菜ベスト3に入るタマネギですが、身体にとってもとても有用に働く強い味方となってくれる食材です。

 

タマネギを食べていれば病気知らず?

タマネギに含まれる栄養素は上記でも紹介していますが、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養成分が含まれている他、アリシンや硫化アリル、ケルセチンといったタマネギ特有の成分が豊富に含まれています。

 

これらの成分には、身体の様々な機能をサポートする他、生活習慣病を始めとする様々な病気を予防する効果に優れている為、タマネギを食べるだけで様々な病気のリスクを軽減させることができるのです。

 

更に、タマネギに含まれるこれらの成分には、アンチエイジング(老化防止)を始めとする美容効果も高い為、美容面においても有用に働きます。

 

こんな身近で最もポピュラーな野菜ともいえるタマネギですが、意識して摂るだけで病気を予防することができるとなると、もう少し積極的に摂りたいという気になるものですね。

タマネギの有効作用を高める為に・・・

健康にも美容にも有用に働くタマネギですが、調理法を工夫するだけでその効果を最大限に生かすことができます。

タマネギの健康成分を取り入れる調理法

タマネギの健康成分を摂り入れる調理法

タマネギの健康成分は水にさらしたり、熱を加えると壊れやすくなります。

 

よって、なるべく水にあまりさらさないようにして、生のままサラダとして頂くという方法がおすすめです。

 

その際、油成分と一緒に摂ると吸収が良くなるので、オリーブオイルなどをかけて食べるようにするといいでしょう。

 

タマネギの皮部分には血圧を低下させる成分が豊富に含有されているため、煮出してスープとして摂取するといいでしょう。
摂取する際には当然皮は外に取りだしスープのみを飲むようにします。

 

身同様に油成分と一緒にとると吸収がよくなるので、オリーブオイルを垂らして頂くようにします。